OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

光源・測定装置

STEVE-6D

手ぶれ補正評価装置(6軸)

カメラの手ぶれ補正を自動評価

手ぶれ補正評価装置STEVE-6Dは、6軸の動きを使ってカメラのOIS(Optical Image Stabilizers 光学式手ぶれ補正)を自動評価します。 この装置は、人間の自然な手ぶれに対するカメラの反応を分析することができます。

主な特徴:

・6軸の自由度
・操作用ソフト(STEVE-6Dソフトウェア)付属
・2種(STEVE-6DS, STEVE-6DL)のサイズラインナップ
CIPA(Camera & Imaging Products Association
 カメラ映像機器工業会)認定

STEVE-6Dのラインナップおよび関連製品

STEVE-6Dには、STEVE-6DS(small)とSTEVE-6DL(large)の2種類のサイズがあり、最大負荷(カメラ重量)は、STEVE-6DSが2.5kgまで、STEVE-6DLが6.0kgまでとなります。
シャッターを自動的に押すロボット指iQ-Trigger/iQ-Trigger-Tも標準オプションとして含まれています。
OISテストでは、STEVE-6Dとシャッター遅延測定用装置iQ-AF Boxおよび傾斜エッジテストチャートTE261を組み合わせて使用するのが最適です。

STEVE-6DS / STEVE-6DL
(カメラは含まれません)

STEVE-6D モジュール

STEVE-6Dソフトウェアは振動制御モジュールとデータ解析モジュールの2つのモジュールを使用します。振動制御は装置の動きを制御するために使用されます。基点は自由に選択でき、波形データの設定において、CIPA基準の3種類の波形から1つを選択できます。 正弦波モーションを使用したり、直交座標系によって作成されたカスタム波形をアップロードすることもできます。

データ解析モジュールは、メタデータツールを使用して画像安定化性能を計算します。 安定化結果は、F値で表示できます。エッジ拡がり関数(ESF)と空間周波数応答(SFR)も表示されます。

また、ユーザー独自の制御ソフトウェアへも簡単に組み込めるよう、電動デバイス用API(iQ-Drive API Version 2.0.0以降)を別売オプションで提供しています。

STEVE-6DLとiQ-AF BoxTE261を使用したOISテスト
(iQ-AF Box、TE261は別売)

関連資料ダウンロード

更新日: 2020/03/17