OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

光源・測定装置

GEOCAL

幾何学的カメラキャリブレーション装置

新次元の幾何学的カメラキャリブレーションデバイス

GEOCALは、コリメートされたレーザーを回折光学素子(DOE)と組み合わせて使用する、幾何学的カメラキャリブレーション(Geometric camera calibration)用デバイスです。

幾何学的カメラキャリブレーションは、移動シーンにおける物体検出に依存する特定の業界(自動車、ADAS、セキュリティなど)のシステムにとって不可欠です。
幾何学的キャリブレーション後、カメラシステムはより具体的に距離を測定し、シーン内の物体を検出できるようになります。キャリブレーションされたシステムによって、(特に広視野カメラの)高い歪みレベルの補正や、ステレオカメラの正確な位置調整をより適正に行うことができます。

主な特徴:

・無限遠から生じる光点の規則的なグリッド生成が可能
・並進不変のカメラ位置(ある程度まで)
・カメラの回転角度を簡単に管理
・リレーレンズ不要
・非常にコンパクトなデザイン
・広視野カメラのキャリブレーション
・ステレオカメラの調整

GEOCAL解析ソフトウェア

GEOCALには、テスト結果を解析するためのGUIインターフェイスを備えたスタンドアロン型ソフトウェアが付いており、現在、画像解析ソフトウェアiQ-Analyzerへのソリューションの実装を進めている段階です。また、ユーザー独自のカスタムソフトウェアにソリューションを組み込めるよう、別売オプションでのAPI(C++API, C-API)の提供もしております。

モバイルフォンのGEOCALテスト風景

動画による製品紹介

 英語音声付きの動画は、YouTubeの字幕自動作成・翻訳機能を利用して、日本語字幕を表示することも可能です。
 ※システムの音声認識による字幕作成、自動翻訳のため、メーカーによる正確な情報ではありませんのでご了承ください。
 【パソコンの場合】                
  英語字幕:
  画面右下の「字幕」アイコンをクリック → 「字幕」アイコンの下に赤線が表示され、字幕がオンになります。
  日本語字幕:
  英語字幕をオンにし、「設定」アイコンをクリック →「字幕」を選択 →「自動翻訳」を選択 → 一番下の「日本語」を選択

   

・幾何学的キャリブレーション(Geometric camera calibration)の概要とGEOCALのご紹介

・車載カメラ業界における幾何学的キャリブレーションの重要性とGEOCALのご紹介

更新日: 2021/09/07