OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

光源・測定装置

iQ-Multispectral

iQ-LED搭載 アーカイブ用マルチスペクトル照明装置

アーカイブの拡充を実現させるマルチスペクトル照明装置

iQ-Multispectralは、ドキュメント、テキスト、画像の保存を向上させる、iQ-LED技術に基づいたマルチスペクトル照明デバイスです。

iQ-Multispectralには、狭帯域光源が用いられています。iQ-LED技術に基づき、左右の各パネルには、2個のiQ-LED、3個のiQ-LED IR、2個のiQ-LED UVが搭載されています。iQ-LEDモジュールは20のカラーチャネルで構成され、iQ-LED IRモジュールは11の追加チャネルで構成されており、380 -1050 nmのスペクトル範囲をカバーします。さらに、UV LED(365 nm)はバンドパスフィルターを使用して、可視範囲の光を遮断します。

iQ-Multispectralには、iQ-LEDを完全に制御するためのiQ-LEDソフトウェアが付属しています。 iQ-LEDソフトウェアを使用すると、特定のスペクトル分布(昼光やタングステンなど)を生成して標準の複写アプリケーションに使用したり、マルチスペクトルアプリケーションに単一チャネルをアクティブにして保存することができます。 選択可能な時間間隔で自動化されたシーケンスを作成することもできます。

また、ユーザー独自の制御ソフトウェアへも簡単に組み込めるよう、全てのiQ-LED搭載製品で使えるiQ-LED API
(C++API、C API)を別売オプションで提供しています。

iQ-Multispectralのセットアップ

iQ-Multispectralのセットアップは、典型的な複写スタンドのセットアップとほとんど同じで、標準光源の統合を可能にするホルダーやブッククレードルと組み合わせることができます。 このソリューションは、Kaiser社の複写システムに基づいて構築されており、A2までの用紙サイズ向けに設計されています。

UTTチャートTE262(別売)を使用した
iQ-Multispectral評価セットアップ

関連資料ダウンロード

動画による製品紹介

更新日: 2020/06/16