OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

光源・測定装置

camSPECS express

分光感度特性 評価装置

高度な分光感度特性測定

camSPECS expressは、すべての干渉フィルタを1つの「テストチャート」にまとめて、カメラの分光感度特性測定の利便性を向上させます。この装置は分光感度測定をはるかに早くそしてより便利にします。

主な特徴:

・分光感度特性測定
・39個の高品質干渉フィルター
・高度な解析ソフトウェア付属
・色変換生成
・実画像によるICCプロファイルの目視評価

camSPECS express XL

camSPECS express XLも同じ干渉フィルターを使用していますが、それぞれ22mm径フィルターを使用しているため、自動車やセキュリティーなどの業界の広角カメラに適しています。

camSPECS express XL

camSPECS plate (TE292)

camSPECS plate(TE292)は、分光感度測定とカメラの色補正用に独自に設計された透明プレートです。
上述のcamSPECS expressデバイスに搭載されているフロントプレートを、均一なiQ-LED光源が搭載されたLE7で使用するオプションとして開発されました。
camSPECS expressデバイスとは異なり、camSPECSプレート単独では使用できず、LE7のような均一の照明デバイスが必要です。LE7の任意のバージョン・バリエーションでの使用が可能ですが、LE7とは別売となります。

CamSPECS expressソフトウェア

camSPECS expressには、専用ソフトウェアが付属しています。このソフトウェアは、画像とフィルターの校正データで分光感度を直接測定します。ソフトウェアには、カメラの色補正マトリックス(CCM)を評価するために使用できるモジュールも含まれています。

分光感度が決定されれば色変換生成が可能になります。このプロセスは、カメラの値をカラーメトリック値に変換することによって行われます。

ソフトウェアの機能

分光感度の測定
・ICCプロファイルの作成
・2Dおよび3D-MLUTカラー変換のサポート
・CIECAM16の実装
iQ-LED搭載装置の画像の分光感度の計算

▲色変換評価

▲camSPECS deltaE

▲camSPECS プロファイル

▲camSPECS 分光感度

▲camSPECS 認証

使い方のご紹介

カメラの色の特性評価

個々のiQ-LEDチャンネルの画像をキャプチャする方法

iQ-LEDソフトウェアからのLEDスペクトルのエクスポート

関連資料ダウンロード

更新日: 2020/02/18