OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

光源・測定装置

DTS - Dynamic Test Stand

ADASカメラシステム評価用 完全自動テストスタンド

ADASカメラシステムの性能と有効性の評価

DTS(Dynamic Test Stand)は、コントラスト検出確率(CDP)およびその他の方法を使用して、視野内の物体を識別および検出する自動車用カメラの機能を評価します。
DTSは、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers) - P2020 ワーキンググループ(Automotive Image Quality Working Group)が策定する評価方法と一致するように開発された、ADAS向け車載カメラ評価用完全自動テストスタンドです。

主な特徴:

・コントラスト検出確率(CDP)
・色分解能 (CSP)
・変調光緩和率 (MMP)
・モーションアーチファクト(ぼかし)
・歪み補正用マウント


主要性能評価指標(KPIs)の評価

DTSは、6つの白色LED光源と2つのiQ-LED搭載のCAL2を使用して、自動車の走行環境における、多様なフリッカー周波数を含む、様々な照明状況を再現します。
このADAS向け車載カメラ評価用完全自動テストスタンドは、ハイダイナミックなシーンを提供することができ、HDRレンダリングの評価および特性評価ができます。


DTSソフトウェアの機能

・DTS-動作シークエンス作成機能
 ▶ カスタム評価シークエンスを生成
・DTS-操作機能
 ▶ ハードウェアの制御とシークエンスの管理
・DTS-分析機能
 ▶ テスト結果をすばやく分析

DTSシ-クエンス生成ソフトウェア

コントラスト検出確率

変調光緩和率(フリッカー)

モーションアーチファクト

色分解能

関連資料ダウンロード

動画による製品紹介

更新日: 2019/11/07