OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

光源・測定装置

iQ-LED

調光可能なLED光源

オールインワン光源でカスタムスペクトルを生成

iQ-LED技術*は、管理されたラボ環境にて各種の光源を再現することができます。第2世代のiQ-LED技術(iQ-LED V2)は、Image Engineering社の多くの照明装置に用いられ、より正確なカメラの特性評価や校正のためにほとんどすべての光源を再現することが可能です。

主な特徴:

・スペクトル調整可能な光源
・20の独立したスペクトルチャネル
・最大128 kHzの高周波パルス副変調(PWM)
・スペクトル範囲 380 ‒ 820 nm
・PC無しで直接デバイスにて管理可能
・複数のiQ-LEDデバイスに接続可能
・温度制御による長時間の安定性
・温度制御による短時間の高照度およびスペクトル安定性


高度な画質評価が可能

iQ-LED技術*は、スペクトルの異なるLEDから放出される放射光の光混合によりカスタムスペクトルを生成することができます。標準モジュールは、10x10cmのボード上の41個の高出力SMD-LEDから生成された20の異なるチャネルで構成されています。

iQ-LED技術は、iQ-LEDソフトウェア(iQ-LED制御用専用ソフトウェア)とNISTトレーサブルな校正済みスペクトロメーターを使用して、スペクトルを校正および正確に生成します。正確に校正されると、光源はデバイスに保存され、PC無しで使用できます。 最大44種類の光源と1種類のシーケンスがデバイスに保存できます。


*本ページに記載されているiQ-LED技術概要は、Image Engineering社のすべてのiQ-LEDデバイス(iQ-LED搭載製品)に適用されます。iQ-LEDデバイス個別の情報は以下のリンクより各製品ページをご参照ください。

また、iQ-LEDは、単体の光源用にスタンドアロン型モジュールとしても提供しています。その場合、iQ-LEDモジュール1個とスペクトロメーター(EX2)1台のセットでの販売となります。追加用モジュールの購入も可能です。
既存のプログラムに組み込んでご利用いただく場合には、iQ-LEDデバイス全製品で使えるiQ-LED API(C++API、C API)を別売オプションで提供しています。

20の独立したスペクトルチャネル

iQ-LEDソフトウェア
メインスクリーン

関連資料ダウンロード

iQ-LED搭載製品ラインアップ

LE7
透過チャート用照明装置(積分球)

CAL1
積分球光源

CAL2
小型光源

CAL3
積分球光源(広角レンズ向け)

CAL3-XL
積分球光源(大型広視野カメラ向け)

iQ-Flatlight
拡散ライトパネル

lightSTUDIO-L
視覚解析用照明付き
実シーンボックス

iQ-Chart Box
反射式チャート測定用
コンパクト照明装置

DTS - Dynamic Test Stand
ADASカメラシステム評価用
完全自動テストスタンド

iQ-Multispectral
アーカイブ用マルチスペクトル照明装置

更新日: 2020/06/16