OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

チャート

TE262//ユニバーサルテストターゲット(UTT)

ユニバーサルテストターゲット(UTT) TE262は、アーカイビング業界向けのスキャナやその他のデジタル入力機器の画質を評価するために設計された多目的テストチャートです。A4からA0までさまざまなサイズがあり、画像解析ソフトウェアiQ-Analyzer-Xでの自動解析が可能です。(ソフトウェアはチャートに付属していません)

TE262は、ISO19264に準拠しています。ISO19264は、スキャナとデジタルカメラの両方について、アーカイビング業界で画質を分析する方法を説明しています。

TE262では、スキャナーの次のような画質性能を評価することができます。

①欠損ピクセルとシェーディング
②ダイナミックレンジ、OECF、ノイズ
③色再現(カラー)
④解像度(斜めエッジおよび目視)
⑤シェーディング・ディストーション

⑥追加チャートTE263(スキャナー参照チャート)

TE262

TE263(別売)

関連資料ダウンロード

動画による製品紹介

 英語音声付きの動画は、YouTubeの字幕自動作成・翻訳機能を利用して、日本語字幕を表示することも可能です。
 ※システムの音声認識による字幕作成、自動翻訳のため、メーカーによる正確な情報ではありませんのでご了承ください。
 【パソコンの場合】                
  英語字幕:
  画面右下の「字幕」アイコンをクリック → 「字幕」アイコンの下に赤線が表示され、字幕がオンになります。
  日本語字幕:
  英語字幕をオンにし、「設定」アイコンをクリック →「字幕」を選択 →「自動翻訳」を選択 → 一番下の「日本語」を選択

   

・ユニバーサルテストターゲット(UTT)を使った画質評価結果をiQ-Analyzerで解析する方法

更新日: 2022/07/12