OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

業界別ソリューション

iQ-Depth Calibrator

iQ-Depth Calibrator

ToFカメラ校正用テストスタンド

iQ-Depth Calibratorは、Time of Flight (ToF)カメラシステムの深度マップの校正と深度パフォーマンスの特性評価のために特別に設計されたテストスタンドです。

ToFカメラは、シーンを深度マッピングできる高度なカメラシステムです。 ToFカメラは、センサーが信号をリリースする正確な時間を計算し、オブジェクトから跳ね返った後のセンサーへの戻りを測定することで、シングルショットのシーンとオブジェクトの距離を正確に測定し、3Dマッピングすることができます。つまり、センサーはオブジェクトの深度を分析し、シーンを再現できます。

iQ-Depth Calibratorは、iQ-Benchと独自のテストチャートを中心に構築されています。このシステムでは、被験カメラが位置を変更した場合でも、テスト画像のチャート全体を一貫してキャプチャーすることが重要です。テストチャートは、(通常の平行ではなく)垂直レーザーを使用して、その精度を保証します。このチャートは、さまざまな形状、材料、オブジェクト平面および反射率でカスタマイズして、ToFカメラの深度パフォーマンスを測定できます。

被験カメラは、iQ-Bench(手動タイプ) / iQ-Bench-M(自動タイプ)に取り付けられ、長さに合わせてカスタマイズされています。 iQ-Bench-M(自動タイプ)を使用すると、事前に定義された正確なテスト位置を電動デバイス用制御ソフトウェア(iQ-Drive API)で設定できます。 テスト画像は、ベンチ上の被験カメラの正確な位置とともに記録されるため、グラウンドトゥルースは常にわかります*。

校正が完了すると、グラウンドトゥルースと校正された深度情報を比較することで、残りのエラーをより簡単に特定できます。 このプロセスを複数の位置から繰り返すと、被験カメラの深度マッピングのパフォーマンスと、データの校正と処理を改善する必要がある場所が明確になります。

* ToF深度測定のグラウンドトゥルースは、均一に反射するターゲットによって決定されます。

関連資料ダウンロード

更新日: 2020/05/29