OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

チャート

カラー

色再現テストチャートはカメラの色補正(再現性)の品質をチェックするため利用されます。一方、これは好ましい色の主観的な解析でもあり、色再現性の測定であるともいえます。後者の場合、画像をCIELABスペースに変換し、カラー値をオリジナルのターゲットの持つ測定カラーと比較します。最も良い方法はcamSPECS expressデバイスを使って、分光感度を測定してみることです。本分野のカメラ用で最も一般的なチャートはX-Rite ColorCheckerですが、Image Engineering社ではTE188として、またスキャナー用のIT8はTE258として販売しています。TE226はColorCheckerの透過式拡張版です。カメラ用としては、拡張版はX-Rite ColorChecker SGになり、TE230として販売しており、標準テストチャートになっています。

主要なカラーチャート

※チャート番号をクリックすると、IE社サイトの情報が
 表示されます。

※下記チャートは、画像解析ソフトウェアiQ-Analyzer-X
 での解析が可能です。

TE188:カラー再現性チャート(X-Rite ColorChecker)

TE226:HDTV 色再現性テストチャート

TE230:X-Rite カラーチェッカー SG

TE258:IT8 スキャナー特性評価チャート

▲TE188

▲TE226

▲TE230

iQ-Analyzerによる解析結果例

Delta E bars

color numerical

xyz

動画による製品紹介

 英語音声付きの動画は、YouTubeの字幕自動作成・翻訳機能を利用して、日本語字幕を表示することも可能です。
 ※システムの音声認識による字幕作成、自動翻訳のため、メーカーによる正確な情報ではありませんのでご了承ください。
 【パソコンの場合】                
  英語字幕:
  画面右下の「字幕」アイコンをクリック → 「字幕」アイコンの下に赤線が表示され、字幕がオンになります。
  日本語字幕:
  英語字幕をオンにし、「設定」アイコンをクリック →「字幕」を選択 →「自動翻訳」を選択 → 一番下の「日本語」を選択

   

・カラーおよびカラーキャリブレーションの概要

更新日: 2022/07/12