OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

ImageMaster® HR TempControl

自動MTF測定装置【温度特性評価】

レンズやカメラモジュールなどの多くの光学システムは広い温度範囲で使用されており、さまざまな温度環境下において、それらの全機能と性能を一貫して維持する必要があります。 軍用および航空宇宙用途に加えて、自動車業界でもその重要性は高まっております。
一般に、レンズの画質性能は、光学部品や取付部品への温度の影響を受けます。 EFLやFFLなどの重要なレンズパラメータは温度に左右され、カメラの焦点機能に影響を与えます。

光学設計の課題は、アサーマル設計を利用することによって、光学機械的パラメータに対する熱的影響を最小限に抑えることです。 ImageMaster®HR TempControlは、-40°Cから120°Cまでの広い温度範囲にわたって、アサーマル光学設計の機能をテストするために使用されます。 この目的のために、光学性能は一組のパラメータについて決定され、結果は-40℃から120℃の範囲の温度の関数として提示される。
測定サンプルは、真空を介して環境から隔離されたサーマルチャンバ内に配置され、−40℃〜120℃の範囲の様々な試験温度に設定することができます。 真空は低温での結露を防ぎ、サーマルチャンバーは温度に関連した変化が最小になるように設計されています。

更新日: 2019/08/02