OPTICAL TESTING INSTRUMENTS DEFACTO STANDARD

ソフトウェア

in-situ

分光放射輝度測定データベース

本来の分光放射輝度データベース

in-situデータベースは、人々が通常撮影するさまざまなオブジェクトやシーンの数千の分光放射輝度測定値のコレクションです。 データベースは、デジタルカメラの分光感度と組み合わせて、デジタルカメラの色特性評価のためのトレーニングデータを提供する方法として始まりました。 ColorCheckerを使う代わりに、実際のデータに基づいて色補正マトリックスを最適化することができます。

主な特徴:

・約2500種の測定データ
・様々な照明下の被写体
・測定波長範囲: 380 ~ 780 nm

なぜ「in-situ(本来の)」なのか?

現在までのところ、一般的に知られている本来の分光放射輝度の唯一の情報源はISO規格17321-1で、14個の一般被写体の分光放射輝度を提供しています。
in-situデータベースは、多数の被写体と照明状況を使って約2500の分光放射輝度測定値を持っています。各被写体は、入射光と白色カラータイル補正のものと2つのバリエーションがあります。

In-situデータベースでは、収集されたすべてのデータにアクセスすることができます。 また、すべてのデータをすぐに利用できるExcelファイルも提供しています。
このExcelファイルは、カメラの分光感度特性評価装置camSPECS expressのソフトウェアにも含まれています。(camSPECS expressソフトウェアには実際の画像は含まれておりません)

植物の被写体の選択

パラメーターの詳細

更新日: 2020/03/02