OPTICAL TESTING INSTRMENTS DEFACTO STANDARD

OptiCentric®Motrized AspheroCheck

OptiCentric®Motrized AspheroCheck

組レンズ用 高精度面間偏芯測定装置+高精度自動非球面軸測定オプション

OptiCentric®Motrized AspheroCheck

▲OptiCentric Motrized Asphero Check Dual Head
左側のプローブを自動化。右側はマニュアル操作

非球面軸の倒れを非接触、高精度、簡単に測定できるAspheroCheckを改良した、Motrized Asphero Check Dual Head(測定ヘッドの追加・自動化)がリリースされました。


度化、作業者の負担を軽減、安全性向上、自動ルーチンソフト、測定の多様化、任意の測定基準軸の選択、専用の非球面軸解析ソフトの追加等、様々な点で、改良が加えられました。 両側の測定ヘッドは、それぞれ自動化がマニュアルかを選択することができます。また、測定対象にあわせた測定ヘッドの選択可能です。

主要変更箇所
・クロマティクプローブを2本同時に使用することで偏芯+非球面軸+外径(orフランジ)の測定
・プローブの位置決めに高精度リニアエンコーダ(4本)搭載
・コマンドスクリプト式自動ルーチン測定プログラムと専用非球面軸解析ソフト

OptiCentric®Motrized AspheroCheck

AspheroCheck 自動化オプション

マニュアル調整だった非球面軸測定オプションの自動化が新登場しました。それにより、位置決めがより簡便に行え、さらに簡単に測定することが可能です。

Software

Software

Software

※専用ソフトウェア「Asphero Analyzer」も
より使いやすく進化しています。

製品カタログ日本語版
更新日: 2016/10/10