OPTICAL TESTING INSTRMENTS DEFACTO STANDARD

OptiCentric® Bonding Station

OptiCentric® Bonding Station

自動調芯接合機

OptiCentric® Bonding Station

Trioptics調芯機は、ユーザの仕様に合わせ汎用タイプ(R0.3~450mm)、専用機種に合わせたタイプで製作できます。面間偏芯測定を応用した最適光軸調芯(特許申請中)及び従来型の基準軸調芯の2種類ございます。調芯レンズのサイズや偏芯感度により最適な自動調芯ステージをご提案致します。

調芯・自動XYステージ

OptiCentric®のエアーベアリング開店テーブル上に自動XY調芯ステージを搭載し、L1レンズの調芯は、L2の光軸に対し、XY移動させる機構になります。これら調芯機構はエアーベアリング回転テーブル上にすべて設置しておりますので測定回転中にサンプルとアライメント機構の相対的な位置ズレが起きることがありません。

・Z軸はスプリング式かエアー制御の加圧
・XYピエゾモータードライブ
・XY+/-0.3mm、分解能0.01μm以下
・光軸調芯時間1秒以下
・光軸調芯位置決め精度0.1μm以下

例:OC Bonding Station 3軸調芯タイプ

▲例:OC Bonding Station 3軸調芯タイプ

例:OC Bonding Station 3軸調芯タイプ

製品カタログ日本語版
更新日: 2016/10/10